Page 2 of 2

象牙で作られる印鑑を選択するメリット

印鑑というと象牙をイメージする方も多いのではないでしょうか。

象牙は古くから印鑑の素材として使われており、今では最高級の素材として知られています。

高級素材ということで値段もやはり高く、値段だけを見るならわざわざ象牙の印鑑を選ぶ必要はないようにも思えます。

それでも象牙の印鑑は高い人気を集めているのですが、そのメリットはなんなのでしょう。

象牙に人気がある理由

まず、象牙の印鑑は朱肉の馴染みが非常に良く、他の素材のものと比較して綺麗に捺印することができます。

大切な書類ほど綺麗に捺印したいものですが、象牙の印鑑ならそれが簡単にできてしまうわけです。

安い印鑑だと捺印した時に不明瞭になってしまったり、にじんでしまったりすることがありますが象牙ならその心配がありません。

認印などなら安い印鑑でも問題ありませんが、実印など貴重な印鑑は象牙で、という方も多いようです。

生涯使える

耐久性に優れているのも大きなメリットです。

象牙の印鑑は1度作れば一生使えると言われるほど丈夫で、保湿性も高いことから長期間使い続けても印影がくっきりとしています。

実印は一生必要になる印鑑で、役所で印鑑登録が必要になることから頻繁に印鑑を替えるようでは面倒です。

そこで丈夫な象牙を実印として登録しておき、長く使えるようにするわけです。

人生の節目となる大きな買い物や、公正証書の作成などで使われるのが実印ですからその性能にはこだわりたいところです。

その美しさ

また、高級感があることもメリットと言えます。

象牙の印鑑は他の素材の印鑑よりも美しく、高級感を感じさせてくれます。

通常、印鑑は使い続けるほど傷んでいきますが象牙の印鑑は時間が経つと光沢が出てきますのでどんどん綺麗になっていくと言えます。

こうした理由から高くても象牙の印鑑を使うという方は少なくありません。

所有する価値が高い

見た目に美しいだけでなく印鑑としての性能も優れていますので損をするということはないでしょう。

特に一生使うことになる実印は象牙にする価値が十分にあります。

みんなどの位の印鑑を持っておくべきか?一般的な所有印鑑と使い道について

学生の頃はそうでもありませんが、社会にでるとさまざまなシーンで印鑑を使用することになります。

日本においては非常に重要な存在と言えるのですが、印鑑はどのくらい持っておくのがよいのでしょう。

用途に分けて持つ

印鑑は用途に応じて使い分ける必要がありますので複数の印鑑を持つことが基本になります。

個人で使用する印鑑は大きく分けて実印銀行印認印の3つに分けることができます。

これらすべてを1つの印鑑でまかなうことも不可能ではないのですが、紛失や盗難の危険性や利便性などを考えるこれはあまり一般的ではありません。

それぞれで別な印鑑を用意するのが普通ですから少なくても3つの印鑑が必要と言えます。

大きな一歩には

実印は大きな契約を結ぶ時に使われる印鑑で、たとえば自動車を購入する時には実印が求められます。

実印は役所で印鑑登録をしておく必要があり、印鑑登録をすることで印鑑登録証明書という書類も発行可能になります。

これは役所がその印鑑が正式なものであるという証明をしてくれる書類で、実印での押印に加えて印鑑登録証明書の提出が求められるのが一般的です。

印鑑の中でももっとも重要で、必ず1つは作っておきたいところです。

銀行口座を持つには

銀行印は銀行の口座を開設する時に必要になります。

口座を複数持つことも珍しくありませんから口座の数に応じて銀行印の数も増えていくでしょう。

口座振替による料金の支払いをする時にも必要になります。

普段から使うには

認印は荷物の受け取りや履歴書の作成時に使用する印鑑で、普段から使う機会の多い印鑑となります。

どんな印鑑でもかまわないためシャチハタや三文判など安価な印鑑を認印として使っている方が多く見られます。

認印は1つあれば十分ですが、紛失などに備えて事前に複数用意しておくこともあります。

 

所有する印鑑の数については人によって違いがありますが、実印、銀行印、認印の3種類の印鑑を少なくても1つずつ所有しておくのが基本です。

いざという時に必要になりますので事前に作成しておくことが大切です。

一つは登録しておくべき印鑑登録について

印鑑には使用用途に応じていくつかの種類がありますが、その中でももっとも大切な印鑑が「実印」です。

実印の役割

大きな契約をする場合や、公正証書を作成する時などに必要になる印鑑で、特に社会人ともなれば必ず持っておきたい印鑑だと言えるでしょう。

この実印を作るためには実は印鑑登録という手続きが必要になります。

実印として使うには

印鑑登録は自分が住んでいる地域の役所で行うことになり、印鑑登録をすることで印鑑登録証明書の発行が可能になります。

たとえば自動車を購入する時や家を購入する時などは契約にあたり印鑑登録証明書が必要になります。

大きな買い物をする時には必要になると考えておきましょう。

役所に印鑑登録をしておくことで、その印鑑が間違いなく本人の印鑑であることを証明できるわけです。

公共の施設である役所が信頼性を担保してくれている印鑑とも言えるでしょうか。

印鑑登録をするには実印にしたい印鑑を持って役所に行き、必要な手続きを済ませることになるのですが、この時ポイントになるのが使用する印鑑です。

どんな印鑑を使うか

実印は非常に重要な印鑑ということもあっていわゆるシャチハタや、100円ショップに売られているような印鑑は使えないことがほとんどです。

大型の契約などに使われる印鑑がどこでも手に入れられる印鑑だとトラブルの原因になるからです。

実印を作る場合は印鑑そのものを作ったりする必要が出てきます。

ハンコを専門に扱っているお店などではオーダーメイドのような形で自分専用の印鑑を作ってくれますので、こうしたサービスを活用して実印を入手しましょう。

自分の証明になる

実印はある意味で身分証明書のような役割を果たします。

それだけ貴重なものということです。

使う機会は少ないものの1つは持っておくべき印鑑ですが、紛失や盗難には十分な備えが求められます。

失くさないように保管をし、さらに盗まれたりしないようにする必要もあります。

特に実印を認印として使ったりするのは避けましょう。

必要時以外は持ち歩かないようにし、認印や銀行印は別な印鑑を使用することが大切です。

会社で使われる印鑑・はんこの種類

印鑑は個人だけでなく会社の中でもよく使われるものです。

むしろ個人よりも使う機会が多いと言えるでしょうか。

会社で使われる印鑑にもいくつかの種類があります。

会社の実印

まず1つ目は会社実印です。

会社設立時に登録される印鑑のことで、会社にとって非常に重要な印鑑となります。

経営者が使うことになり、会社の代表者であることを証明する印鑑とも言えます。

そのため会社としてなにかの契約を結ぶ時などに使われ、会社名が入っています。

代表者としての役割を果たすため代表者印と呼ばれることもあります。

基本的に経営者しか使わない印鑑ですのでそれ以外の社員が手にすることはないでしょう。

銀行印

2つ目は会社銀行印です。

取引銀行で口座開設をする時に必要となる印鑑のことで、個人で使う銀行印とほぼ同様の性質があります。

口座開設だけでなく、手形小切手を発行する時にも銀行印を押印することになります。

角印

3つ目は角印です。

これは会社の認印のようなもので、一般的な印鑑とは違い四角い形をしているのが大きな特徴です。

領収書、請求書、見積書、納品書といった各種書類の作成時に使われる印鑑で、会社で使う印鑑の中でももっとも使われる機会の多い印鑑となっています。

特に事務の方が使うことになるでしょうか。

個人でも実印、銀行印、認印はそれぞれ所有することになりますのでその点は会社でも同じと考えてかまいません。

会社で使う印鑑は個人名ではなく会社名が入っているのが大きな違いになるでしょうか。

さらに仕事の中では個人の印鑑を利用することもあるため、個人用、会社用をそれぞれ使い分けることになります。

適切な取り扱い方を覚えよう

社会人として印鑑の知識は必要になりますので、どのような印鑑があり、どんな時に使われるのか、これはしっかりと把握しておきましょう。

印鑑はある事実を証明したり、確認したりするのに使う非常に重要なものです。

使用する時には細心の注意を払い、同時に紛失してしまったりすることがないように気をつける必要があります。

印鑑・はんこの主な種類について

印鑑と一言で言ってもいくつかの種類があります。

使用目的に応じて使い分ける必要がありますのでその種類についてしっかりと把握しておきましょう。

個人で使用する主な印鑑としては実印認印銀行印の3つが代表的だと言えるでしょう。

どれも所有しておくべきものです。

実印の特徴

まず実印ですが、これは自分が住んでいる地域の役場に印鑑登録をしている印鑑のことになります。

商品を購入する時の契約手続きにおいて印鑑登録証明書が必要になるケースがあるのですが、印鑑登録証明書は実印があること、つまり印鑑登録をしていなければ発行することができません。

身近なところだと自動車を購入する時、家を購入する時などに印鑑登録証明書が必要になります。

使う機会はそれほど多くありませんが非常に重要な印鑑で、必ず所有しておくべき印鑑だと言えます。

また、貴重品でもありますので厳重に保管し、紛失したり盗難されたりしないように注意しましょう。

認印の特徴

認印は実印とは違い、普段の生活で使うことの多い印鑑です。

たとえば通販で何かを買った時、商品の受け取り時に宅配業者に印鑑を押すことがありますがこの時使うのが認印です。

認印に使う印鑑に条件があるわけではありませんので安い印鑑でもまったく問題ありません。

銀行印の特徴

銀行で口座を開設する時に必要になる印鑑のことで、口座開設時だけでなく、口座振替で料金を支払うような契約をする時にも通帳などと合わせて必要になることがあります。

銀行口座は少なくても1つは持っているという方が多いと思いますので誰もが所有している印鑑の1つと言えるでしょうか。

実印と同様非常に大切な印鑑ですのでやはり厳重に保管することが求められます。

これらは用途に応じてそれぞれ別な印鑑を使うのが原則ですが、すべてを1つの印鑑でまとめてしまうこともできないわけではありません。

管理の面ではこの方が楽になるかもしれませんが紛失、盗難時のリスクも大きくなりますので、特別な理由がない限りは別々の印鑑を用意するようにしましょう。