印鑑はシャチハタなど、市販されているものを使用する方法もありますが、自分オリジナルのものを作ることもできます。

特に実印はシャチハタが使えず、重要な印鑑なこともあって自分だけの印鑑を作っておくのが理想的です。

では、印鑑を作るとしたらどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

印鑑作成の料金

印鑑作成の費用は印鑑の太さなどによっても変わるのですが、大きな割合を占めているのが素材です。

どの素材を使うのかで費用も大きく変わるわけです。

象牙

たとえば、印鑑の素材として最高級とされている象牙は費用も高額になります。

お店によっても違いますが相場としては1つ15,000円くらいになるでしょうか。

100円で売られている印鑑もあると考えるとかなりの値段だと言えます。

チタン

また、最近高い人気を集めているチタン製の印鑑も象牙と同じく15,000円が相場となっています。

特殊な金属を使っているということで最高級素材の象牙と違いがありません。

黒水牛

黒水牛は素材としては一般的で、費用も4,000円ほどと象牙やチタンに比べるとかなり安くなります。

象牙やチタンは印鑑に強いこだわりを持っている方のための素材と考えることもできますので、ごく普通の印鑑が作りたいという時は黒水牛を素材にしたものが適しているでしょう。

ただし、性能面ではやはり象牙やチタンの高級素材の方が優れています。

耐久性を求めるなら

特にチタンは圧倒的な耐久性を持っており、欠けたりする心配もありません。

金属ではあるものの錆にも強いので一生使い続けることができる素材となっています。

すべての印鑑をチタンにする必要はありませんが、実印だけでもチタンのような高級素材を使っておくとなにかと安心です。

広い価格帯

印鑑作成にかかる費用は価格帯が広いのが特徴で、2,000円ほどから20,000円ほどの範囲となります。

同じ素材でも費用に違いが出たりしますので、印鑑の用途や予算に応じて最適なものを選ぶようにしましょう。

必ずしも高ければいいというわけではない、これがポイントです。