認印にする印鑑などはシャチハタや100円ショップなどに売っている印鑑でもかまわないでしょう。

しかし、実印は一生使うことになりますし、役所で印鑑登録をする必要がありますので、多少高くなっても印鑑屋さんで作ってもらうのがおすすめです。

印鑑を作るなら

丈夫で長持ちする印鑑を実印とすれば破損などで使えなくなることも防げ、印鑑登録の変更手続きなどの手間も省くことができます。

では、印鑑を作る場合は一般的にどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

印鑑作成にかかる期間は印鑑を作成する方法によって変わってきます。

ベストは手作り

職人の手によるいわゆる手作りの印鑑はすべてが手作業になるためやはりある程度の時間が必要です。

お店によっても違うのですが、2週間ほどが目安になるでしょうか。

今すぐに印鑑が必要という場合には適していないと言えます。

十分な時間をかけることで品質の良い優れた印鑑を入手することができますので、時間に余裕がある時は手作りの印鑑がおすすめです。

特に実印は長期間に渡って使用することも考えて手作りが適しています。

とにかく急ぐなら

もう1つの方法が機械による作成です。

機械彫りの場合は早いお店で当日中に完成し、手作りと比較すると圧倒的に短い期間で入手することができます。

遅いお店でも2日ほどあれば完成するのが普通でしょう。

ただし機械によって同じように作られていますのでオリジナリティという点では手作りに劣ります。

世界に1つしかない印鑑が欲しいという場合は機械彫りは適していません。

ただ、手作りよりも安い費用でできますし、すぐに入手できるため便利であることは間違いありません。

適切な方法を選ぶ

急いでいる時、認印に使う印鑑が欲しい時などは費用も考慮して機械彫りで十分だと言えるでしょう。

もちろん1つ1つは違う印鑑になるように作られていますので実印に使えないというわけではありません。

このように作成の方法によってできあがるまでの期間は変わってきますので、自分の都合や印鑑の使用目的に合わせて適切な方法を選ぶようにしましょう。

最近ではインターネットで印鑑の作成をしてくれる業者も増えていますので、従来よりも気軽に印鑑を作れるようになりました。