印鑑と一言で言ってもいくつかの種類があります。

使用目的に応じて使い分ける必要がありますのでその種類についてしっかりと把握しておきましょう。

個人で使用する主な印鑑としては実印認印銀行印の3つが代表的だと言えるでしょう。

どれも所有しておくべきものです。

実印の特徴

まず実印ですが、これは自分が住んでいる地域の役場に印鑑登録をしている印鑑のことになります。

商品を購入する時の契約手続きにおいて印鑑登録証明書が必要になるケースがあるのですが、印鑑登録証明書は実印があること、つまり印鑑登録をしていなければ発行することができません。

身近なところだと自動車を購入する時、家を購入する時などに印鑑登録証明書が必要になります。

使う機会はそれほど多くありませんが非常に重要な印鑑で、必ず所有しておくべき印鑑だと言えます。

また、貴重品でもありますので厳重に保管し、紛失したり盗難されたりしないように注意しましょう。

認印の特徴

認印は実印とは違い、普段の生活で使うことの多い印鑑です。

たとえば通販で何かを買った時、商品の受け取り時に宅配業者に印鑑を押すことがありますがこの時使うのが認印です。

認印に使う印鑑に条件があるわけではありませんので安い印鑑でもまったく問題ありません。

銀行印の特徴

銀行で口座を開設する時に必要になる印鑑のことで、口座開設時だけでなく、口座振替で料金を支払うような契約をする時にも通帳などと合わせて必要になることがあります。

銀行口座は少なくても1つは持っているという方が多いと思いますので誰もが所有している印鑑の1つと言えるでしょうか。

実印と同様非常に大切な印鑑ですのでやはり厳重に保管することが求められます。

これらは用途に応じてそれぞれ別な印鑑を使うのが原則ですが、すべてを1つの印鑑でまとめてしまうこともできないわけではありません。

管理の面ではこの方が楽になるかもしれませんが紛失、盗難時のリスクも大きくなりますので、特別な理由がない限りは別々の印鑑を用意するようにしましょう。