社会人になると印鑑を使う機会が増えてきます。

学生の頃はあまり使うことがないと思いますが、社会人になるのなら印鑑は必ず準備しておくべきです。

新社会人が持っておくべき印鑑は実印銀行印認印の3つです。

社会人の証 ― 実印

まず実印ですが実印はマンションの契約をする時、自動車を購入する時など、特別な時に必要になる印鑑です。

役所に実印とする印鑑を持って行き、印鑑登録という手続きを済ませなければいけません。

少し面倒かもしれませんが印鑑登録をすることで役所がその印鑑の効力を証明してくれます。

社会人になるにあたってひとり暮らしをする、車を購入することはよくありますのでやはり持っておくべきでしょう。

実印はシャチハタを使うことができませんのでシャチハタ以外を用意します。

給与口座を開設するとき

次に銀行印です。

銀行印は銀行で口座を開設する時に使用する印鑑で、口座を複数開設するなら口座ごとに別な印鑑を用意するのが基本となります。

給料の支払いは口座振込のことが多いのでそのために口座を作ることが多く、銀行印も必要です。

各種料金の支払いなどは別な口座で処理したいといった時は別な印鑑を使って口座を開設しておきましょう。

日常的に使う印鑑

最後に認印ですが、これはシャチハタでもかまいません。

会社の書類に、荷物の受け取り時に、役所での手続きに、といった具合に何かと使う機会が多いので、もっとも用意しておきたい印鑑とも言えるでしょうか。

よく使う関係上、紛失しやすく、消耗もしやすい印鑑になります。

認印に高い印鑑を使うとちょっともったいない気もしますので、シャチハタを使わないにしても安い印鑑で十分でしょう。

社会人としての心掛け

注意したいのはこれらすべての印鑑を1つで済ませてしまわないことです。

実印を認印として使ったり、実印を銀行印として使ったりするのは避けましょう。

印鑑の数が増えると管理が面倒に感じられるかもしれませんが、印鑑は貴重品の1つですので併用することにはリスクが伴います。

紛失したり盗難被害に遭うと大変ですので実印、銀行印、認印は別々な印鑑を使ってください。