印鑑というと象牙をはじめとした動物の角などを素材としたもの、木材を素材としたものが思い浮かびますが、近年になって金属製の印鑑も登場しています。

中でも人気が上昇しているのがチタン製の印鑑です。

チタンのメリット

特徴はいくつかありますが中でも大きな特徴となるのがその耐久性でしょう。

丈夫な印鑑というとやはり高級素材である象牙が一般的ですが、そんな象牙であっても時間の経過によって少しずつ劣化していきますし、落としたりぶつけたりすると欠けてしまう恐れがありました。

一方でチタンは金属製ですので欠けることがなく、劣化することもほとんどありません。

生涯に渡って使い続けられる印鑑となっていますので、特に実印としてチタン製印鑑を選ぶ人が増えてきています。

圧倒的な耐久性

耐久性に関しては他の素地と比較しても圧倒的です。

金属の最大の欠点、それは錆びてしまうことです。

錆びれば見た目が悪いだけでなく、最終的にはボロボロになってしまいますがチタンは錆にも非常に強いのです。

錆びる心配がほとんどありませんのでやはり長く使い続けることができ、印鑑の素材としては適していると言えます。

また、金属の持つスタイリッシュさ、洗練されたイメージも人気の理由です。

オシャレな印鑑

一般的に印鑑というと白、もしくは黄色がかった白のデザインのものが多いのですが、チタン製の印鑑はシルバーとなっています。

これまでの印鑑にはなかった雰囲気があり、オシャレな印鑑としても知られています。

このデザイン性の高さに惹かれてチタン製の印鑑を選ぶという人も多く、実用性だけでなく見た目にも美しい印鑑であることがわかります。

コスパも優れている

特殊な金属を使っていることもあって値段は少し高めなのですが、圧倒的な耐久性を考慮すると妥当な値段だと言えるでしょう。

1つ購入しておけば一生使えるものですし、象牙などと比較すれば安い値段になっていますのでコストパフォーマンスにも優れています。

急激に人気を高めていますので今後はチタン製の印鑑が主流になる可能性も十分にあります。