学生の頃はそうでもありませんが、社会にでるとさまざまなシーンで印鑑を使用することになります。

日本においては非常に重要な存在と言えるのですが、印鑑はどのくらい持っておくのがよいのでしょう。

用途に分けて持つ

印鑑は用途に応じて使い分ける必要がありますので複数の印鑑を持つことが基本になります。

個人で使用する印鑑は大きく分けて実印銀行印認印の3つに分けることができます。

これらすべてを1つの印鑑でまかなうことも不可能ではないのですが、紛失や盗難の危険性や利便性などを考えるこれはあまり一般的ではありません。

それぞれで別な印鑑を用意するのが普通ですから少なくても3つの印鑑が必要と言えます。

大きな一歩には

実印は大きな契約を結ぶ時に使われる印鑑で、たとえば自動車を購入する時には実印が求められます。

実印は役所で印鑑登録をしておく必要があり、印鑑登録をすることで印鑑登録証明書という書類も発行可能になります。

これは役所がその印鑑が正式なものであるという証明をしてくれる書類で、実印での押印に加えて印鑑登録証明書の提出が求められるのが一般的です。

印鑑の中でももっとも重要で、必ず1つは作っておきたいところです。

銀行口座を持つには

銀行印は銀行の口座を開設する時に必要になります。

口座を複数持つことも珍しくありませんから口座の数に応じて銀行印の数も増えていくでしょう。

口座振替による料金の支払いをする時にも必要になります。

普段から使うには

認印は荷物の受け取りや履歴書の作成時に使用する印鑑で、普段から使う機会の多い印鑑となります。

どんな印鑑でもかまわないためシャチハタや三文判など安価な印鑑を認印として使っている方が多く見られます。

認印は1つあれば十分ですが、紛失などに備えて事前に複数用意しておくこともあります。

 

所有する印鑑の数については人によって違いがありますが、実印、銀行印、認印の3種類の印鑑を少なくても1つずつ所有しておくのが基本です。

いざという時に必要になりますので事前に作成しておくことが大切です。