印鑑には使用用途に応じていくつかの種類がありますが、その中でももっとも大切な印鑑が「実印」です。

実印の役割

大きな契約をする場合や、公正証書を作成する時などに必要になる印鑑で、特に社会人ともなれば必ず持っておきたい印鑑だと言えるでしょう。

この実印を作るためには実は印鑑登録という手続きが必要になります。

実印として使うには

印鑑登録は自分が住んでいる地域の役所で行うことになり、印鑑登録をすることで印鑑登録証明書の発行が可能になります。

たとえば自動車を購入する時や家を購入する時などは契約にあたり印鑑登録証明書が必要になります。

大きな買い物をする時には必要になると考えておきましょう。

役所に印鑑登録をしておくことで、その印鑑が間違いなく本人の印鑑であることを証明できるわけです。

公共の施設である役所が信頼性を担保してくれている印鑑とも言えるでしょうか。

印鑑登録をするには実印にしたい印鑑を持って役所に行き、必要な手続きを済ませることになるのですが、この時ポイントになるのが使用する印鑑です。

どんな印鑑を使うか

実印は非常に重要な印鑑ということもあっていわゆるシャチハタや、100円ショップに売られているような印鑑は使えないことがほとんどです。

大型の契約などに使われる印鑑がどこでも手に入れられる印鑑だとトラブルの原因になるからです。

実印を作る場合は印鑑そのものを作ったりする必要が出てきます。

ハンコを専門に扱っているお店などではオーダーメイドのような形で自分専用の印鑑を作ってくれますので、こうしたサービスを活用して実印を入手しましょう。

自分の証明になる

実印はある意味で身分証明書のような役割を果たします。

それだけ貴重なものということです。

使う機会は少ないものの1つは持っておくべき印鑑ですが、紛失や盗難には十分な備えが求められます。

失くさないように保管をし、さらに盗まれたりしないようにする必要もあります。

特に実印を認印として使ったりするのは避けましょう。

必要時以外は持ち歩かないようにし、認印や銀行印は別な印鑑を使用することが大切です。