印鑑は個人だけでなく会社の中でもよく使われるものです。

むしろ個人よりも使う機会が多いと言えるでしょうか。

会社で使われる印鑑にもいくつかの種類があります。

会社の実印

まず1つ目は会社実印です。

会社設立時に登録される印鑑のことで、会社にとって非常に重要な印鑑となります。

経営者が使うことになり、会社の代表者であることを証明する印鑑とも言えます。

そのため会社としてなにかの契約を結ぶ時などに使われ、会社名が入っています。

代表者としての役割を果たすため代表者印と呼ばれることもあります。

基本的に経営者しか使わない印鑑ですのでそれ以外の社員が手にすることはないでしょう。

銀行印

2つ目は会社銀行印です。

取引銀行で口座開設をする時に必要となる印鑑のことで、個人で使う銀行印とほぼ同様の性質があります。

口座開設だけでなく、手形小切手を発行する時にも銀行印を押印することになります。

角印

3つ目は角印です。

これは会社の認印のようなもので、一般的な印鑑とは違い四角い形をしているのが大きな特徴です。

領収書、請求書、見積書、納品書といった各種書類の作成時に使われる印鑑で、会社で使う印鑑の中でももっとも使われる機会の多い印鑑となっています。

特に事務の方が使うことになるでしょうか。

個人でも実印、銀行印、認印はそれぞれ所有することになりますのでその点は会社でも同じと考えてかまいません。

会社で使う印鑑は個人名ではなく会社名が入っているのが大きな違いになるでしょうか。

さらに仕事の中では個人の印鑑を利用することもあるため、個人用、会社用をそれぞれ使い分けることになります。

適切な取り扱い方を覚えよう

社会人として印鑑の知識は必要になりますので、どのような印鑑があり、どんな時に使われるのか、これはしっかりと把握しておきましょう。

印鑑はある事実を証明したり、確認したりするのに使う非常に重要なものです。

使用する時には細心の注意を払い、同時に紛失してしまったりすることがないように気をつける必要があります。