電子印鑑についての使用方法と現状について

パソコンとインターネットが広く普及したことにより仕事の現場でも文書をパソコンで作成しメールで送付する、というケースが増えてきました。

仕事の効率化にも繋がり非常に便利なのですが、印鑑の捺印が必要な書類に関しては必ず印刷をして捺印するという手順が発生します。

この面倒な作業を簡略化できるのが電子印鑑です。

電子印鑑とは

電子印鑑はパソコン上で使える印鑑のことで、作成した書類にそのまま印鑑を捺印することができます。

紙に印刷する必要がなくなったのでそのままメールで送付することが可能になり、仕事の効率化が期待できるのです。

紙を節約できることからエコなシステムとしても注目されており、地球環境に配慮が求められる現代において非常に重要な役割を果たすと予測されています。

無料かセキュリティか

現在すでにいくつかの電子印鑑が商品として出回っており、中にはフリーソフト、つまり無料で利用できるタイプもあります。

無料ということでセキュリティの面では不安が残り、現実的な利用に耐えられるかどうかは疑問ですが、質の高い電子印鑑も販売されています。

使い分けが重要だと言えるでしょう。

実際の印鑑を実印、銀行印、認印でそれぞれ分けるのと一緒です。

使用方法

具体的な使用方法はそれぞれでも多少の違いがありますが、書類作成時にボタンをクリックするだけというのが一般的です。

特別な操作は必要なく、誰でも簡単にパソコン上の書類に捺印ができます。

操作の面ではすでに簡略化が行われ、完成形が見えたと言えるでしょう。

セキュリティ面の課題

今後の課題はやはりセキュリティになります。

現状でもセキュリティはしっかりしているのですが、いつ誰が捺印したのか、電子印鑑ごとの識別情報の確立、悪用されないための暗号化などは十分ではありません。

これからさらに充実すれば、将来的には電子印鑑を使用することがごくごく当たり前になるのではないかと思います。

今のところ普及率はそれほど高くないのですが、今後は会社に欠かせないシステムになるでしょう。

従来の印鑑のように劣化する心配がないことも大きなメリットです。

印鑑を作る費用について・どのくらいの金額で印鑑は出来る?

印鑑はシャチハタなど、市販されているものを使用する方法もありますが、自分オリジナルのものを作ることもできます。

特に実印はシャチハタが使えず、重要な印鑑なこともあって自分だけの印鑑を作っておくのが理想的です。

では、印鑑を作るとしたらどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

印鑑作成の料金

印鑑作成の費用は印鑑の太さなどによっても変わるのですが、大きな割合を占めているのが素材です。

どの素材を使うのかで費用も大きく変わるわけです。

象牙

たとえば、印鑑の素材として最高級とされている象牙は費用も高額になります。

お店によっても違いますが相場としては1つ15,000円くらいになるでしょうか。

100円で売られている印鑑もあると考えるとかなりの値段だと言えます。

チタン

また、最近高い人気を集めているチタン製の印鑑も象牙と同じく15,000円が相場となっています。

特殊な金属を使っているということで最高級素材の象牙と違いがありません。

黒水牛

黒水牛は素材としては一般的で、費用も4,000円ほどと象牙やチタンに比べるとかなり安くなります。

象牙やチタンは印鑑に強いこだわりを持っている方のための素材と考えることもできますので、ごく普通の印鑑が作りたいという時は黒水牛を素材にしたものが適しているでしょう。

ただし、性能面ではやはり象牙やチタンの高級素材の方が優れています。

耐久性を求めるなら

特にチタンは圧倒的な耐久性を持っており、欠けたりする心配もありません。

金属ではあるものの錆にも強いので一生使い続けることができる素材となっています。

すべての印鑑をチタンにする必要はありませんが、実印だけでもチタンのような高級素材を使っておくとなにかと安心です。

広い価格帯

印鑑作成にかかる費用は価格帯が広いのが特徴で、2,000円ほどから20,000円ほどの範囲となります。

同じ素材でも費用に違いが出たりしますので、印鑑の用途や予算に応じて最適なものを選ぶようにしましょう。

必ずしも高ければいいというわけではない、これがポイントです。

インターネットで印鑑を作る時の主な流れについて

現在ではインターネットで印鑑を作ることが可能になっています。

インターネットならいつでも好きな時に注文ができ、営業時間を気にする必要もないため、忙しい方にとっては特に便利です。

正しい印鑑・実印の作り方を押さえておきましょう。

ここではインターネットによる印鑑作成の流れについて紹介します。

アクセスしたら

まず、印鑑作成をしているサイトにアクセスをし、印鑑の用途を選択します。

実印、銀行印、認印などです。

用途を選択したら次に印鑑の素材を選択し、さらに印鑑のを選択します。

そのサイトで扱っている素材や形が一覧で表示される形式になっているのが一般的なので、自分の好みに合わせて自由に選択しましょう。

それぞれで価格が違いますので予算に応じた選択も大切です。

印鑑の基本的な状態が決まったら次に詳しい注文をしていきます。

文字の指定をする

まずは印鑑に彫る文字です。

個人で使用するのであれば苗字のみ、もしくはフルネームを彫ることになりますので希望の文字を入力します。

次に書体を選択し、文字配置のバランスも選択していきます。

ここで印鑑にアタリを付けるかどうかも選択できる場合があります。

ここまでが印鑑に関する作業になります。

注文する

最後に代金の支払い方法、お届け先の住所や連絡先、氏名などを入力して送信すれば注文が完了します。

後は実際に印鑑が届くのを待ちましょう。

代金の支払い方法は各サイトによって違いますので注意が必要です。

希望の支払い方法があるかどうかをしっかり確認しましょう。

自分でよく確認する

インターネットによる印鑑の作成は簡単な手順で注文ができるため非常に便利です。

注文後も届くのを待つだけなので手間が少ないのですが、お互いの顔が見えないためトラブルには十分注意する必要があります。

注文を確定させる前に料金について、返品について、送料について、キャンセル料の有無についてなどを確認しておきましょう。

実物を見ながら選ぶことができませんのでその点にも注意しなければなりません。

届いたら予想と違っていた、なんてことがないようにしましょう。

印鑑を作ろうと思ったら通常はどのくらいで出来る?

認印にする印鑑などはシャチハタや100円ショップなどに売っている印鑑でもかまわないでしょう。

しかし、実印は一生使うことになりますし、役所で印鑑登録をする必要がありますので、多少高くなっても印鑑屋さんで作ってもらうのがおすすめです。

印鑑を作るなら

丈夫で長持ちする印鑑を実印とすれば破損などで使えなくなることも防げ、印鑑登録の変更手続きなどの手間も省くことができます。

では、印鑑を作る場合は一般的にどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

印鑑作成にかかる期間は印鑑を作成する方法によって変わってきます。

ベストは手作り

職人の手によるいわゆる手作りの印鑑はすべてが手作業になるためやはりある程度の時間が必要です。

お店によっても違うのですが、2週間ほどが目安になるでしょうか。

今すぐに印鑑が必要という場合には適していないと言えます。

十分な時間をかけることで品質の良い優れた印鑑を入手することができますので、時間に余裕がある時は手作りの印鑑がおすすめです。

特に実印は長期間に渡って使用することも考えて手作りが適しています。

とにかく急ぐなら

もう1つの方法が機械による作成です。

機械彫りの場合は早いお店で当日中に完成し、手作りと比較すると圧倒的に短い期間で入手することができます。

遅いお店でも2日ほどあれば完成するのが普通でしょう。

ただし機械によって同じように作られていますのでオリジナリティという点では手作りに劣ります。

世界に1つしかない印鑑が欲しいという場合は機械彫りは適していません。

ただ、手作りよりも安い費用でできますし、すぐに入手できるため便利であることは間違いありません。

適切な方法を選ぶ

急いでいる時、認印に使う印鑑が欲しい時などは費用も考慮して機械彫りで十分だと言えるでしょう。

もちろん1つ1つは違う印鑑になるように作られていますので実印に使えないというわけではありません。

このように作成の方法によってできあがるまでの期間は変わってきますので、自分の都合や印鑑の使用目的に合わせて適切な方法を選ぶようにしましょう。

最近ではインターネットで印鑑の作成をしてくれる業者も増えていますので、従来よりも気軽に印鑑を作れるようになりました。

簡単に印鑑をついてはいけない?日本社会の印鑑事情について

印鑑は私達日本人にとっては非常に身近な存在で、特に社会人になると使う機会も増えます。

荷物の受け取りから銀行口座の開設、役所などでの手続きなど、さまざまな場面で当たり前のように使う印鑑。

でも、不用意に印鑑をついてしまうとトラブルに発展する可能性もありますので注意しましょう。

絶大な効力

たとえば、なにかの契約をする時には契約書に印鑑をつきます。

これはその契約内容を確認し、承諾したという証明になります。

その効力は絶大で、後になってから契約内容に不満を訴えてももう手遅れです。

もちろん悪質な契約の場合などは裁判所に申し立てをして争うことができ、その結果契約を無効にできたりはします。

逆に言うと裁判所で争わなければならないくらい印鑑は効力を持っていると言えます。

印鑑の重み

日本は世界でも珍しいくらい印鑑を重要視する国です。

古くからさまざまな形で印鑑が使われており、現代社会においても重要な役割を果たしています。

特に実印は役所に印鑑登録をしていることで役所からのお墨付きがもらえ、住宅の購入や自動車の購入など、高額の商品を購入する時に使われることになります。

実印1つで非常に重要な契約ができてしまうのです。

もし悪用されることになれば自分の財産を失うことにもなりかねません。

銀行印も同様で、銀行印を盗まれてしまえば料金の支払を勝手に自分の口座から行われてしまったりします。

よくよく考えてから

こうしたことを考えると印鑑を不用意につくという行為は危険です。

特に契約を交わす時は契約書をよく読み、本当に印鑑をついていいのかをしっかりと検討しましょう。

そうでなければ詐欺の被害に遭ったり、悪質な商品を購入させられてしまったりします。

印鑑は自分の意思を証明する道具と言えます。

印鑑という道具でこうしたことができるのは便利なのですが、同時に大きなリスクもはらんでいることになります。

印鑑を求められるとついつい何も考えずについてしまいがちですが、リスクが伴っているんだと強く意識することが大切です。

新社会人が持っておくべき印鑑の種類について

社会人になると印鑑を使う機会が増えてきます。

学生の頃はあまり使うことがないと思いますが、社会人になるのなら印鑑は必ず準備しておくべきです。

新社会人が持っておくべき印鑑は実印銀行印認印の3つです。

社会人の証 ― 実印

まず実印ですが実印はマンションの契約をする時、自動車を購入する時など、特別な時に必要になる印鑑です。

役所に実印とする印鑑を持って行き、印鑑登録という手続きを済ませなければいけません。

少し面倒かもしれませんが印鑑登録をすることで役所がその印鑑の効力を証明してくれます。

社会人になるにあたってひとり暮らしをする、車を購入することはよくありますのでやはり持っておくべきでしょう。

実印はシャチハタを使うことができませんのでシャチハタ以外を用意します。

給与口座を開設するとき

次に銀行印です。

銀行印は銀行で口座を開設する時に使用する印鑑で、口座を複数開設するなら口座ごとに別な印鑑を用意するのが基本となります。

給料の支払いは口座振込のことが多いのでそのために口座を作ることが多く、銀行印も必要です。

各種料金の支払いなどは別な口座で処理したいといった時は別な印鑑を使って口座を開設しておきましょう。

日常的に使う印鑑

最後に認印ですが、これはシャチハタでもかまいません。

会社の書類に、荷物の受け取り時に、役所での手続きに、といった具合に何かと使う機会が多いので、もっとも用意しておきたい印鑑とも言えるでしょうか。

よく使う関係上、紛失しやすく、消耗もしやすい印鑑になります。

認印に高い印鑑を使うとちょっともったいない気もしますので、シャチハタを使わないにしても安い印鑑で十分でしょう。

社会人としての心掛け

注意したいのはこれらすべての印鑑を1つで済ませてしまわないことです。

実印を認印として使ったり、実印を銀行印として使ったりするのは避けましょう。

印鑑の数が増えると管理が面倒に感じられるかもしれませんが、印鑑は貴重品の1つですので併用することにはリスクが伴います。

紛失したり盗難被害に遭うと大変ですので実印、銀行印、認印は別々な印鑑を使ってください。

印鑑ケースは必要?お勧めの印鑑ケースについて

印鑑を購入すると一緒にケースが付いてきます。

いちいちケースから取り出すのが面倒だとケースを使わない方も多いのですが、ケースが付いてくることには理由があります。

ケースの役割

印鑑は温度の変化などに弱く、保管の仕方を間違えると劣化の原因になってしまいます。

保管する時は温度の変化が少なく、直射日光の当たらない場所に保管するのが理想なのです。

この時ケースに入れておくとより長期間に渡って印鑑を保管することが可能になります。

つまり印鑑ケースは印鑑本体を守るために必要なアイテムなのです。

印鑑は使わない時は必ず印鑑ケースに入れて保管するようにしましょう。

持ち歩きやすい

また、印鑑を使用する時は朱肉を付けることになりますが、一度の捺印では朱肉を使い切れないことがほとんどです。

印鑑ケースに入れずにそのままカバンなどに入れてしまうと朱肉が他の物に付いてしまうことがあるのです。

もちろん印鑑を使い終わった時に綺麗に拭き取ればいいのですが、その手間を考えると印鑑ケースに入れてしまった方が楽です。

他の物を汚さないためにも印鑑ケースが役立ってくれているわけです。

ケースのお勧めの素材

そんな印鑑ケースですが素材にはさまざまなものが使われています。

上モミ皮ワニ皮牛皮などです。

たとえば上モミ皮は印鑑ケースの素材としては定番で、独特の手触りが特徴になっています。

ざらっとした手触りになっているので滑りにくく、持った時に落としにくいという利点があります。

値段もリーズナブルなため認印を入れるケースの素材としてはぴったりでしょう。

印鑑の用途に合わせて

ワニ皮や牛皮などは値段が少し高めですが見た目にも美しく、実印など重要な印鑑のケースとして使われることが多いようです。

素材をどんなものにするかは個人の好みもありますが、印鑑の用途に応じて使い分けるのも良い方法でしょう。

あまり重要視されないことが多い印鑑ケースですが印鑑の状態を保つためには非常に重要です。

素材選びも含めて最適な印鑑ケースを用意して使うようにしましょう。

シャチハタの印鑑のメリット・使い道と注意点

シャチハタは広く普及している印鑑の1つで、普段の生活の中でシャチハタを使用しているという方も多いでしょう。

では、シャチハタにはどんなメリットがあるのでしょうか。

安さが最大の魅力

まず、安価で入手できる点が挙げられます。

100円ショップなどで販売されていますから簡単に入手でき、値段が安いのも助かります。

特に認印はシャチハタでも問題ないので1つ持っておくと何かと便利です。

使いやすさ抜群

次に朱肉がいらないことが挙げられます。

シャチハタは印鑑本体の中にインクが入っていますので、朱肉がなくてもすぐに捺印することができます。

荷物が届いた時など認印が必要になりますが、印鑑はあっても朱肉がないというケースが珍しくありません。

わざわざ探すのも面倒ですしシャチハタを認印として使う方は非常に多くなっています。

朱肉がいらないため持ち運びもシャチハタだけでよく、カバンの中に常備しておくといざという時に役立ったりもします。

こうしてメリットを見ると非常に便利なシャチハタですが、注意しなければいけないこともあります。

それが重要な印鑑としては使えないという点です。

実印には使えない

たとえば実印は役所で印鑑登録をする必要がありますが、この時シャチハタは使えないというのが一般的です。

これはシャチハタが安いからというわけではなく、まったく同じものが大量生産されていることが原因です。

日本中に同じ印鑑がたくさんあるわけですから実印のような重要な印鑑としては防犯上の観点から適していないとされているのです。

変化しやすい

また、シャチハタはゴム印ですので時間の経過でゴムが変形し、文字の形状が変化してしまうデメリットもあります。

長期間の使用には適していないため、定期的に買い換える必要があり、この点からも実印には適していません。

使用には注意が必要ですが安くて便利な印鑑であることは間違いありません。

認印としてなら十分に優れていると言えますので、使い道を限定することで対応しましょう。

そうすれば余計な費用をかけずに印鑑を使いこなすことができます。

印鑑の保管について知っておきたい事

印鑑は非常に重要なもので、紛失したり盗まれたりするとさまざまなリスクが生じます。

そこで重要になるのが保管の仕方です。

印鑑の状態を保つためにも、防犯上の観点からも印鑑の保管は厳重に行わなければなりません。

慎重を期す

まず、もっとも基本的なことは実印、銀行印、認印をそれぞれ別な場所に保管するということです。

すべての印鑑を一箇所に保管しているとまとめて盗まれてしまう危険性があります。

万が一の時、被害を最小限に抑えるためにも印鑑は別々に保管するのがおすすめです。

認印の場合は比較的重要性が低く、使う機会も多いためすぐに取り出せる場所に保管することも大切です。

ですが、実印銀行印は普段使うことがなく、非常に重要な印鑑となりますから人目の付かない場所に保管するのが原則です。

また、印鑑は重要な書類と一緒に保管することも多いのですがこれもやはり避けるべきでしょう。

たとえば銀行印と通帳を一緒に保管していると盗まれた時に預金をすべて引き出されてしまう恐れがあります。

どんな場所がベストか

次に保管の方法です。

印鑑は素材にもよりますが基本的に環境の変化に弱いものです。

保管の方法を間違えると傷んでしまったり、ヒビが入ってしまったりします。

印鑑を購入した時に一緒にケースも付いてくると思いますが必ずこのケースに入れておき、さらに温度や湿度が急激に変化する場所には保管しないようにしましょう。

直射日光の当たらない、涼しい場所に保管するのが理想的です。

家庭の中で適している場所となるとやはりタンス等の引き出しの中になるでしょうか。

気を抜かない

最後に注意点として、どこに保管したか忘れないように引き出しなどに印鑑が入っていることを書いたメモなどを貼り付けることがあります。

確かに便利なのですが、防犯上の観点からはせっかく保管している意味がなくなってしまいます。

印鑑をどこに保管しているかは絶対に忘れないようにしっかり記憶しておくことがポイントです。

印鑑は現金や身分証明書などと同じくらい貴重なものですので慎重に扱いましょう。

チタンで作られた印鑑について

印鑑というと象牙をはじめとした動物の角などを素材としたもの、木材を素材としたものが思い浮かびますが、近年になって金属製の印鑑も登場しています。

中でも人気が上昇しているのがチタン製の印鑑です。

チタンのメリット

特徴はいくつかありますが中でも大きな特徴となるのがその耐久性でしょう。

丈夫な印鑑というとやはり高級素材である象牙が一般的ですが、そんな象牙であっても時間の経過によって少しずつ劣化していきますし、落としたりぶつけたりすると欠けてしまう恐れがありました。

一方でチタンは金属製ですので欠けることがなく、劣化することもほとんどありません。

生涯に渡って使い続けられる印鑑となっていますので、特に実印としてチタン製印鑑を選ぶ人が増えてきています。

圧倒的な耐久性

耐久性に関しては他の素地と比較しても圧倒的です。

金属の最大の欠点、それは錆びてしまうことです。

錆びれば見た目が悪いだけでなく、最終的にはボロボロになってしまいますがチタンは錆にも非常に強いのです。

錆びる心配がほとんどありませんのでやはり長く使い続けることができ、印鑑の素材としては適していると言えます。

また、金属の持つスタイリッシュさ、洗練されたイメージも人気の理由です。

オシャレな印鑑

一般的に印鑑というと白、もしくは黄色がかった白のデザインのものが多いのですが、チタン製の印鑑はシルバーとなっています。

これまでの印鑑にはなかった雰囲気があり、オシャレな印鑑としても知られています。

このデザイン性の高さに惹かれてチタン製の印鑑を選ぶという人も多く、実用性だけでなく見た目にも美しい印鑑であることがわかります。

コスパも優れている

特殊な金属を使っていることもあって値段は少し高めなのですが、圧倒的な耐久性を考慮すると妥当な値段だと言えるでしょう。

1つ購入しておけば一生使えるものですし、象牙などと比較すれば安い値段になっていますのでコストパフォーマンスにも優れています。

急激に人気を高めていますので今後はチタン製の印鑑が主流になる可能性も十分にあります。